topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北信越ブロック2011に行ってきました - 2011.03.28 Mon

長岡まで行ってきました、TK-Rです。

れいんとねこくさと一緒に青春18切符でゆったり旅でした。

DSC02102.jpg

ロボカップジュニアサッカーを3年間リーダーしていた人間の視点から語ってみる - 2010.12.12 Sun

2010年もそろそろ終わり、ロボカップのシーズンがやってきますね。
ロボカップについて色々と書こうかなと思ってたら粗方@rain_yukizoraのところで書き尽くされていたので、自分は補足というかリーダーとしての観点から。


・メンバーの意見はなるべく活かす
特に3人以上でチームを組むとメンバー同士で意見の対立があるかと思います。時間の許す限りミーティングをして仕様をキッチリ納得の良く形にすることが大切だと思います。ロボット製作を始める前に十分なミーティングをすることが結果的に後々の作業効率に効いてきます。ここでのリーダーの仕事は「落とし所を決める」に尽きます。自分を含めたメンバーの意見から譲れる点・譲れない点をまとめて明確な仕様を決めるのがロボット製作のスタートになるかと。ここで拗れたまま開発を進めるとのちのちとんでもない爆弾になってしまうことがあります(実話


・メンバーは運命共同体ではない
特に高専の場合はブロック大会の時期と再試の時期がかぶることもあり、メンバーが途中で抜けることが多々あります。リーダーはそうしたことも可能性の一つとして考慮しておくべきです。自分が再試に回ることもありますし(実話
大会や合宿などで散々言ってきましたが、ノート(記録)は必ず残しましょう。後の確認という意味でも、メンバーが抜けてしまう可能性への保険という意味でも。人数が少なければ少ないほど抜けてしまったときの穴は大きくなってしまいますが、資料さえ残っていれば少しの希望は残ります。逆に資料が何もない状態で大会前にメンバーが抜けるととんでもないことになります(実話
リーダーの責任においてメンバーが抜けてしまっても最低限の被害で済むように日頃から手を打っておく必要があります。あと抜けてしまう人を半殺しとかそういう物騒なことを考えるのもやめましょう。


・試合で動ける人間はリーダーだけ
ロボットの制作のみに考えが行きがちですが、チームの中でリーダーのみがロボットを操作し審判とやりとりできるということを頭に入れておきましょう。特にVersionBではボールが外に出たときどうするか、リーダーの仕事が増えています。こういったことを大会前からイメージトレーニングしておくことが重要です。ルールは熟読して審判と対等にやりあえるように(というかルールを間違えている審判もいます)、大会当日の連絡はよく聞いてローカルルールなどを押さえておく。こうした事もリーダーの仕事の一つです。


・自分たちで負けを決め付けない
ブロックでもジャパンオープンでもすごいチームというのは必ず見受けられます。そんな時でも「絶対に勝てない」とは思わず、自分たちに出来ることをキッチリやりましょう。
サッカーリーグでは外乱対策や磁場の乱れなど会場が勝敗に大きな影響を及ぼす場合が多々あります。チームメンバーで手分けをしてそれらの条件を調査し対策をすることは基本中の基本ですが、キッチリできているチームは意外と少ないように思います。少しでも勝率を高めるために最期まで諦めずに出来ることはすべてやるべきです。


最後にリーダーが使えるテクニックからリーダーとしての心構えを。
そのテクニックとは「ロボットがフィールドの両方で動作できるプログラム(磁気やら色やら)ならキックオフ時にコートを入れ替えで指定する」というもの。
相手チームに揺さぶりをかけるのに最適です(何

リーダーの仕事は「メンバーが満足して開発出来る環境を作ること」「結果を出すこと」この二つです。
勝つことだけを重視してメンバー(自分含む)が納得して開発できないならそれは何かオカシイですが、勝つこと自体は何も悪くありません。メンバーが頑張ってロボットを作ったのだから、そのロボットを活躍させるのはリーダーの重要な仕事なわけです。そういうセコい技はどうよ?って声が聞こえてきそうですが、こういうのもアリだと個人的には考えています。ルールで認められている権利ですしね。逆にこういう事をされても大丈夫なように対策をとっておく必要はあるということです。

リーダーというのは本当に本当に大変な役割です。今年のロボカップジュニアサッカーにチームを率いて参加する人は本当に体と心の健康(と単位)を害さない程度に頑張ってください。ジャパンオープンで会えることを楽しみにしています。

ロボカップ2010ジャパンオープン - 2010.05.10 Mon

皆さんお疲れさまでした。
VersionBの主審やら交流戦やら口頭プレゼンやら会場を縦横無尽に走り回ってたTK-Rです。

プレゼンで予告した通りアサギの本Ver.2の準備に入っています。
メインで使用するCPUを何にしようか検討している最中であります。
AVRかH8にしようか…使いやすさならダントツでAVRなんですけどね。ただしライタの事やネット上の情報量を考えるとH8も捨てがたいなあと。
先にオムニホイールを始めとする本体の話から入るのも手ですね。

何はともあれ脳内で着々と準備が進むVer.2、請うご期待ください。

ジャパンオープン出発前夜 - 2010.05.01 Sat

皆さんお久しぶりです、TK-Rです。
出発前日になってから名刺作っちゃうとかドタバタなのは健在ですね。

いよいよロボカップジャパンオープン出発前夜となったわけですが、自分はVersionBの審判として5/2の朝から会場入りします。

5/1の夜行バスに乗って朝に到着する流れとなります。

ところでAsagi the 3rdはロボカップジャパンオープン交流戦に出場する予定。
Team Asagiの柱・気持ち悪い動きを存分に発揮した台形さんと回り込みロボットの一つの完成形・Asanagiが出場予定です。おっさんも自重せずにガンガンロボット動かしますよ!

01 2 35 18


交流戦ではチームメンバーのrain君がキャプテンを務めることになりそうです。

それではみなさん、会場でお会いしましょう!

長野ノード - 2010.03.06 Sat

明日はいよいよ長野ノード大会です。
審判やります。
ustream配信します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TK-R

管理人:TK-R

ロボカップやってました。 最近はiIOSアプリ作ったり組み込み屋さんだったり… 元航ロボ部九台目部長。 ロボカップ2009世界大会に出場しました。

最近の記事

Twitter

Get the Twitter Widget widget and many other great free widgets at Widgetbox!

mixi

mixiやってたりします。
マイミクは勝手にどうぞ。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。