topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BeagleBoneをC/C++でリモートデバッグできる開発環境を構築する - 2012.09.18 Tue

iMacドナドナしました、TK-Rです。

というわけでBeagleBoneで動くソフトウェアをC/C++で作りつつ、リモートデバッグもできちゃうイケてる開発環境を構築します。





これ見とけ、以上。



…実際の所、最新のUbuntuでこの動画の通りにやるとクロスコンパイルしたバイナリが "No such file or dictionary"になっちゃう問題が出ます。

何が問題かって言うと、arm-linux-gnueabiが吐き出すコードをobjdumpすると
$ objdump -s -j .interp test

結果によるとld-linux.so.3ってのを参照したがってるんだけど、このファイルは最新のビルドには含まれてません。
ネイティブのコンパイラで吐き出したコードはld-linux-armhf.so.3っての参照してるんで、
$ cd /lib
$ ls
$ sudo ln -s ld-linux-armhf.so.3 ld-linux.so.3
ってやると何食わぬ感じで動くけど多分良くない。

根本的にこれを解決するには、Youtubeのコメント欄の通りに、
$ sudo apt-get install gcc-arm-linux-gnueabihf
$ sudo apt-get install g++-arm-linux-gnueabihf
でgnueabihf(Hard float)のコンパイラをインストールして、Eclipseの設定から使用するツールを全てgnueabihfにすればおkです。

あとライブラリー・パスからはgnueabiを削除してgnueabihfのみにしないとエラーが出ます_(:3 」∠)_
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tkkrpktkr.blog89.fc2.com/tb.php/248-7a89a73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

C言語でBeagleBoneからSPI入出力 «  | BLOG TOP |  » 8月走行記録

プロフィール

TK-R

管理人:TK-R

ロボカップやってました。 最近はiIOSアプリ作ったり組み込み屋さんだったり… 元航ロボ部九台目部長。 ロボカップ2009世界大会に出場しました。

最近の記事

Twitter

Get the Twitter Widget widget and many other great free widgets at Widgetbox!

mixi

mixiやってたりします。
マイミクは勝手にどうぞ。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。