topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac OSX10.7Lion 上にAVRの開発環境を構築する~Makeまで編~ - 2012.05.16 Wed

約束は破る為にあるって習いました、TK-Rです。

仕事の関係で必要になったのでLion上にAVRの開発環境を構築する際のメモを残したいと思います。
自分がロボカップに参加してた2008年頃はAVR-MacPackってので一発環境構築が可能だったのですが、今はCrossPackと名前を変えたみたいです。
CrossPackを用いるとコンパイラやらリンカ、書き込みツールのドライバまで自動でインストールしてくれるのでラクチンです。Xcode用のプロジェクトファイルを自動生成してくれるので、Xcodeの高度な補完機能などを使用することができます。



1.環境

母艦 : iMac 27inch mid2010 OSX Lion
書き込み : AVRISPmkII

書き込み器は力弱く純正品を使用します(お仕事だしね)。

IMG_0265.jpg

秋月で\3,000にて購入。

2.各種ソフトのインストール

・まず何らかの手段でXcodeをインストールしてください。App StoreもしくはADCからダウンロードするのが一般的だと思います。

・ CrossPackのHPに移動して、CrossPackの最新版(現時点ではCrossPack-AVR-20120217.dmg)をダウンロードします。

スクリーンショット 2012-05-16 21.24.33

・ DLした.dmgファイルをマウントして、CrossPack-AVR.pkgを実行します。

スクリーンショット 2012-05-16 21.39.34

・特に設定を変えずデフォルトのままインストールします。

スクリーンショット 2012-05-16 21.40.16

・インストールが完了すると、ヘルプファイルがブラウザに表示されます。このファイルは file:///usr/local/CrossPack-AVR/manual/index.html にインストールされますのでいつでも閲覧可能です。ここまでで関連ソフトウェアのインストールは終了です。
スクリーンショット 2012-05-16 21.41.38

2.テスト

・ターミナルを立ち上げて、
$ cd Desktop
$ avr-project Demo
$ cd Demo/firmware
と入力します。デスクトップ上に”Demo”というプロジェクトファイルが生成されて、Demo/firmwareに移動します。

・ 同じくターミナル上で、
$ make
と入力します。こんな感じで、
スクリーンショット 2012-05-16 21.52.47

=================================================
avr-gcc -Wall -Os -DF_CPU=8000000 -mmcu=atmega8 -c main.c -o main.o
avr-gcc -Wall -Os -DF_CPU=8000000 -mmcu=atmega8 -o main.elf main.o
rm -f main.hex
avr-objcopy -j .text -j .data -O ihex main.elf main.hex
avr-size --format=avr --mcu=atmega8 main.elf
AVR Memory Usage
----------------
Device: atmega8

Program: 62 bytes (0.8% Full)
(.text + .data + .bootloader)

Data: 0 bytes (0.0% Full)
(.data + .bss + .noinit)
=================================================

と表示されて、firmwareフォルダ内に

・main.elf
・main.o
・main.hex

の三つのファイルが生成されて入ればAVR開発環境のインストールは成功です。
次回はMakeファイルの編集と書き込みに関してまとめたいと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tkkrpktkr.blog89.fc2.com/tb.php/238-69770920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mac OSX10.7Lion 上にAVRの開発環境を構築する~書き込み編~ «  | BLOG TOP |  » Asagiの本 第2部とは

プロフィール

TK-R

管理人:TK-R

ロボカップやってました。 最近はiIOSアプリ作ったり組み込み屋さんだったり… 元航ロボ部九台目部長。 ロボカップ2009世界大会に出場しました。

最近の記事

Twitter

Get the Twitter Widget widget and many other great free widgets at Widgetbox!

mixi

mixiやってたりします。
マイミクは勝手にどうぞ。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。